第158回芥川賞受賞作「おらおらでひとりいぐも」

74歳、ひとり暮らしの桃子さん。
おらの今は、こわいものなし。

結婚を3日後に控えた24歳の秋、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように、故郷を飛び出した桃子さん。
身ひとつで上野駅に降り立ってから50年――住み込みのアルバイト、周造との出会いと結婚、二児の誕生と成長、そして夫の死。
「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」
40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、ひとり茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように湧きあがる。
捨てた故郷、疎遠になった息子と娘、そして亡き夫への愛。震えるような悲しみの果てに、桃子さんが辿り着いたものとは――

青春小説の対極、玄冬小説の誕生!
*玄冬小説とは......歳をとるのも悪くない、と思えるような小説のこと。
新たな老いの境地を描いた感動作。第54回文藝賞受賞作。
主婦から小説家へーー63歳、史上最年長受賞。

おらおらでひとりいぐも画像

おらおらでひとりいぐも

著者
若竹千佐子
出版社
河出書房新社
本体価格
1200円(税込)
ISBN
9784309026374

コメントはこちらから

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zahon.jp/mt/mt-tb.cgi/1585

月別バックナンバー

店舗情報宅本便サービス本やタウン採用情報